腰痛や関節痛の基本対策

腰痛の正体とはなんでしょうか?

最近では疲労性腰痛など、原因が特定できない腰痛も多くあるとされています、

現代病とも言われる、腰痛のを引き起こす要因は様々あるようです。

その一つとして老化も考えられます,誰しも老化は避けられませんが

日常生活の中で改善し、腰痛を軽減したいものですね。

腰痛の歴史はまず、人類の2足歩行からはじまったとも考えられています。

もともと人類の祖先は4本足で歩いていたのですが、

200万年程まえに2本足で歩きだし、そして手を使うようになり、

そのおかげでめざましい進歩を遂げました。

しかし骨格自体は2足歩行生活に対応するまでには完璧に発達しなかったという見解もあります。

また化石の発見では、農耕民族と狩猟民族の化石から腰の部分の骨の調査結果が

農耕民族の方は腰骨に潰れなどの現象があり、逆に狩猟民族の腰の部分は正常との

化石が発見されたそうです、この化石からは、歩くことが腰痛になりにくく、

農耕民族のように同じ姿勢ばかりだと腰痛になりやすいということが

ある意味証明された化石でもありますね。

では現代人における腰痛対策は?といえば正しい姿勢が基本と思われます。

正しい姿勢と腰痛の関係は、2本足で生活するための、体を支える背骨=脊椎

この(背骨=脊椎)S字曲線が体に受ける振動や衝撃をやわらげバランスを保つので

正しい姿勢きれいなS字曲線が腰痛を軽減する秘訣ということになります。

脊柱管の中を脊髄神経が通り腰椎のあたりで細かく分かれ馬尾神経とよばれ

さらに大腿神経、坐骨神経に分かれます、このように神経が細部にわたって伸びていきます。

腰痛は椎骨にかかる負担圧力が大きくなり脊髄などの近く組織を刺激して痛みとなります。

現代の便利な社会は、まさに腰痛の原因がたくさんあると言われています。

デスクワークでの同じ前かがみの姿勢、ここでS字曲線はくずれていますね、

また歩かなくても目的地に着くことのできる交通機関の発展、

様々な進化のなかに、腰痛の原因とされるものもありますね。

腰痛、ひざ痛など関節痛の原因と対処法、腰、ひざ痛の原因は老化と日常生活のなかにあります。

ストレッチや、ヨガなど、運動正しい姿勢、運動なのに気をくばり

腰痛、ひざ痛、関節痛、はたまた肩こり、四十肩を軽減し快適な日々を送りましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする