妊娠中の薬やレントゲンの影響

スポンサーリンク

妊娠中に体調が思わしくないとき、薬を飲むことに迷いがありますよね、つらい症状を治してくれる薬ですがおなかの中の赤ちゃんの影響を考えますね。
妊娠4~16週のころは赤ちゃんの脳や心臓、神経などつくられる頃にかけては、むやみに薬を服用すると奇形などがおきる可能性もあります。
薬の服用に関して気を配ってしまいます。
市販薬は劇的な効果を期待できない分、またどの人にもまんべんなく効くようにできているため、、
赤ちゃんへの影響も大きくはありません、市販薬を用法を守って数回服用したくらいなら、あまり心配はないようですが、素人判断で
市販薬を服用するのはよくありません。
風邪かな、と思っても、お医者さんに妊娠中であることを告げたうえで的確な薬を処方してもらいましょう。
そしてレントゲンも気になりますよね、妊娠4~16週にエックス線を大量に浴びると赤ちゃんに影響するようです。
会社の健康診断などでレントゲンがありますね
このレントゲンですが、胸部エックス線やCT検査くらいの放射線量なら、子宮に近い骨盤以外の検査であれば、まず問題ないようです。
妊娠、不安と楽しみ、などが日々体調などに現れますね、男性にはわからない苦痛、そして喜び、
不安なことやわからないことは、周りの方、諸先輩がた聞いて、いらない心配はしないようにしたいですね。