妊娠中とダイエット

スポンサーリンク

妊娠中であれおなかがどんどんおおきくなり、出産後のことを考えると
不安になりがちになりますよね、妊娠中はよもかく出産後も体型が戻らないのではないかとか、現在ではむかしとちがって妊婦さんがあまり太り過ぎないように指導しているそうです。
しかしそれは体型を気にしてのことではなく無事に出産するための制限だそうです。
妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんの成長があるのでしっかりと栄養を取らなければなりません。
妊娠前、インスタント食品ばかりの食生活など偏った食生活をしていたのでしたら、
良い食生活に戻すということが大切です。
体型を気にし体重を減らすといったダイエットは妊娠中にするものではありません。
お腹の中の赤ちゃんに十分栄養が行かず、低体重児が産まれてきたり発達が遅れたりする赤ちゃんが産まれる可能性もあります。
妊娠中は、どうしても体重が増えてしまいます。
間食などは控え、野菜中心に食べていればそれほどの増加は防げるでしょう。
女性が妊娠中に取っても良いカロリーは毎日約2500カロリーです。
あまり運動をしない方や、新陳代謝がよくない方は2200カロリー以内におさめましょう。
2200カロリーのうちの300カロリーはお腹の中の赤ちゃんに吸収されます。
そして、妊娠中に食事制限のダイエットをしなくても良いよう運動をするようにしてください。
また、毎日1時間程度散歩することによって安産にも繋がります。
妊娠中での食事制限のダイエットはせず、運動をするようにしましょう。
お腹の中の赤ちゃんは、お母さんが食べた食材をそのまま吸収しますのでバランスの良い食事を心がけてください。