妊娠4ヶ月 ママの体(12?15週)

スポンサーリンク

妊娠4ヶ月に入ると、つわりも落ち着いてくる人も多いです。
ただ、つわりの程度には個人差があるので、もう少し長引く人もいます。
また基礎体温も下がって低温期に入るので、眠気やだるさが治まり、
妊娠生活を楽しむ余裕も出てくる頃です。
子宮は子どもの頭くらいの大きさになり、これは恥骨の上に出るくらいの大きさなので、外からもおなかのふくらみがわかるようになります。
妊娠15週頃までには胎盤が完成し、流産の可能性がぐっと低くなります。
そして太りすぎの予防とストレス解消に、体調がよい時には適度に体を動かすように
しましょう。
そして、カロリーコントロールと便秘予防のため、考えて献立を立てるようにしましょう。
女性は月経の影響で貧血ぎみですが、妊娠すると血液の量が増えて水っぽくなるため、鉄が不足してさらに貧血がひどくなります。
貧血がひどくなると体力が低下したり、出産時の出血が多くなったり、産後の子宮の回復が遅れるなどの心配がありますので、積極的に鉄分の多い食品を摂るようにしましょう。(ママが貧血でも赤ちゃんにはほとんど影響はありません。)
赤ちゃんは自分の血液を作るために、優先的にママの鉄分を摂取しているからです。
食事からの鉄分補給だけでは貧血が改善しないときは、お医者さんが鉄剤を処方してくれます。

妊娠4ヶ月 赤ちゃんの様子

妊娠4ヶ月頃の赤ちゃんは、頭からおしりまでの長さが約16cm、体重は約100gにまで成長しています。
超音波写真を見ると、妊娠12週頃にはすでに頭、胴、手足が識別でき、小さいながらも人間の形をしています。
妊娠4ヶ月頃までには体の基礎が作られ、心臓や肝臓など、体の各器官が機能し始めます、脳も急成長をとげ、大脳、小脳などが形成されます。
妊娠15週頃までには胎盤が完成し、赤ちゃんは発達成長するために、へその緒を通して酸素や栄養を摂取し、老廃物や二酸化炭素をママへ返すようになります。
胎盤はこのほかホルモンを分泌して成長を助けることもします。
胎盤と赤ちゃんを結びつけるへその緒は、妊娠後期には50cmほどの長さになります。
またこの頃の赤ちゃんは骨格もほぼ完成し、手足に筋肉がついてくるので、足を曲げたり伸ばしたり、羊水の中で回転するなど、動きが活発になります。
皮膚も少し不透明に変化し、厚みが増してきます。
手足の指も分かれてきます。
目はまだ閉じたままですが、口は開け閉めし、時には口に触れたものに吸いつく動作も見られます。
腎臓の機能も発達し、羊水を飲んでおしっことして排泄するようになります。