禁煙中の食事

スポンサーリンク

禁煙をはじめるとニコチンがほしくなる離脱症状があらわれます。
生活のリズムを変えることが禁煙成功のひとつでもあります。
その生活リズムパターンを変える一つの方法として、食事内容があります。
その禁煙生活における食事内容に配慮することですが、
それは野菜と果物を食事の中心におくという方法です。
喫煙している人は体内で一部のビタミンをタバコで消費してしまっているので、
不足したビタミンを補給するためにもビタミン豊富な果物や野菜を摂ることがおすすめです。
野菜、果物と肉などの脂っこい食事のニコチン欲求度のちがいですが、
肉などの脂っこい料理をお腹いっぱい食べたときと違って、野菜や果物をたくさん食べてもタバコを吸いたいという欲求がそれほど強くなりません。
野菜や果物はタバコと相性がよくないからです。
野菜や果物を積極的に摂取することは、便通をよくするための有効な方法でもありますね。
禁煙すると腸へのタバコの刺激がなくなるため便秘をしやすい人も多いのですが、野菜を食事の中心にすることで便秘の改善が期待できます。
そして野菜中心の食生活にすることで「禁煙したら太ったということも防げます。
野菜と果物の効果には尿をアルカリ化させてからだからニコチンが排出されるスピードを遅らせるという効果があるそうです。
それにより、ニコチン切れの離脱症状を緩和させる効果が期待できると言われます。
しかし、いつまでも野菜ばかり食べていては飽きてしまいますし、時にはお肉をがっつり食べてスタミナもつけたいですよね。
禁煙が成功した暁には、お祝いの焼肉でもステーキでも食べる、好きなもの、好きな事を我慢して、達成したら好きな肉を食べる、自分自身の、
プレッシャーを楽しむをいう気持ちもプラスして禁煙生活をはじめるのも、
意識の中では大切です。
焼肉屋さんに入ってもタバコを吸いたいという欲求が起きなければ、大成功ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする