衝動を抑える練習

スポンサーリンク

禁煙に挑戦するとタバコを吸いたい衝動がググットきますね。
ひとくちに禁煙といっても、一度習慣化してしまった喫煙をやめることは難しく、何か禁煙できる方法はないかと悩んでは試し、
挫折を繰り返し、そしてますます禁煙は難しいものだと思い込んでしまします。
禁煙を始めると、いつも何気なく吸っていたタバコを余計に意識するようになり、
「吸いたい」という衝動にかられるようになります、
その衝動を抑えられず「1本くらいなら」と吸ってしまうとそれが2本、3本になり、結局また喫煙生活に戻ってしまいます。
ほとんどの方がこのような状況ではないですか、
その衝動を紛らわし3日から1週間禁煙を続けられたら禁煙の成功率は高くなるといわれ、1週間続きましたが挫折しました。
できる人はできるのでしょうが衝動を抑える工夫とでもいいますか、
禁煙中にタバコを吸いたくなったら、その衝動を紛らわす方法として、手首に輪ゴムをはめて過ごし、
タバコを吸いたいという衝動にかられたら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとはじき、「今吸ってはいけない」と自分に言い聞かせ、
自分の気持ちを制したあとは、4秒カウントしながら深呼吸
これを、タバコが吸いたくなるたびに繰り返す。
衝動が起きるたびに自分を制することができるようになったら、次第に衝動そのものも起きなくなってくるでしょう。
この方法が合う人もいれば、これではダメだという人もいると思いますが、吸いたい衝動を紛らわすひとつの方法として試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする