禁煙をしたい・・けど・・

スポンサーリンク

喫煙者は肩身のせまい時代になりました。
禁煙この文字をいろいろな場所で見かけるようになりました。
外食にでかけても全席禁煙がが増えてきていますね。
そして駅のホームももちろん禁煙。
世の中が「非喫煙」へと向かっています。
タバコの害が明らかになってきて、とくに非喫煙者に対してもタバコの煙が害を及ぼすことがわかってきたため、
社会的に喫煙が認められることが難しくなってきましたね。
タバコを吸う多くの人がタバコの害についてわかってはいるのにタバコをやめられずにいます。
非喫煙の社会へ向かう動きの中で、肩身の狭い思いをし、体にも良くない、経済的にも負担だだから本当は禁煙したい。
いろいろな方法も試した、しかし結果やめられなかった、
ニコチンを欲する体だけでなく、習慣化したその行為自体を欲し安心するのです。
タバコを吸わない人から見れば「からだにも悪いとわかっているのに何故やめられないんだろう」と、なかなか理解できない部分も多くあると思います。
習慣化してしまった喫煙者が、タバコを吸わずにいられないメカニズムは、そう簡単ではないのです。
禁煙するための方法としてまず第一に挙げられるのは、禁煙に関心を持つことです。
禁煙したい本人はもちろん、家族や友人など周囲の人にも関心を持ってもらい、禁煙にチャレンジする環境を整えなくてはいけません。
といいますが、逆のプレッシャーにもなるんですよね><
しかし、禁煙できないからではなくて、禁煙してみようかなが最初の一歩です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする