喫煙は習慣病

スポンサーリンク

禁煙したい、でも、なかなかタバコがやめられない、
それは、喫煙がニコチン中毒ではなく、ひとつの習慣病だからです。
人が一度心地よいと思って習慣づけてしまったことを変えるのは、なかなか難しいことです。
コーヒーを飲むとき、お酒の席に着いたとき、など、「このようなシチュエーションではタバコを吸う」という習慣がついてしまっているのです。
禁煙を成功させる方法としては、これらの習慣を変えていくことが挙げられます。
タバコを吸ってしまうきっかけを除去するのではなく、他の行動に替えていくのです。
*.朝起きたときににタバコを吸う習慣のある人は、起きたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。
*.食後に一服する習慣のある人は、食べたらすぐ歯磨きをする。
*.酒の席ではできれば禁煙席に着く
*.家で手持ち無沙汰なときにタバコに手が伸びてしまう人は、ウォーキングに出かけたり、何か他に変わる事を習い事を始めるのもよいですね。
このようにタバコとセットになっていた行動をとったときに他のことに置き換える方法で、タバコの本数を減らしていきましょう。
禁煙を始めると、今までタバコを吸っていた時間は「我慢の時間」と捉えがちですが、
今までタバコに費やしていた時間をそれ以上の楽しみの時間に置き換えればよいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする