がん対策基本

スポンサーリンク

高齢化に伴って、がんになる人がこれから増加すると推測されています。

検診によって、がんは100%発見できるわけではありません。
検診での、がんの早期発見によるがん治療は命を救うのです。

がん検診と症状がある外来受診を比べると外来受診は進行がんが多く見つかり、

場合によっては、がん治療ができないことがあります。

そのようなことを防止するために、がんは早期に発見し、

がん治療を行うことが大切なのです。

症状が出ないうちに検診し発見することで、亡くなるリスクを減らすことができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする