変形性膝関節症 筋トレも大切です、 軽いスクワットもできる範囲で

ひざが痛い、階段を降りる時やちょっと立ち上がるとき

ズキっと痛みが走る、膝痛経験ありませんか

変形性膝関節痛(へんけいせいしつかんせつつう)。

階段を下りるのがつらい、膝をまげたり、体重をかけることができない,

これは、変形性膝関節痛の人がまず最初に訴える症状だそうです。

膝の軟骨がすりへって起こる痛みで、老化現象によって発生するといわれています。

ただ、ひざの痛みはほかにも慢性関節リウマチや、感染性関節痛など多数あるようです。

慢性関節リウマチなのか、感染性関節痛なのか、変形性膝関節痛、なのか

自己診断はせず医師の診断を受けて原因をはっきりさせるのが優先です。

これらひざ痛のなかで、変形性膝関節痛はツボ刺激によって効果があるようです

膝の皿の周辺を温めてマッサージし、膝眼という足ツボを刺激します。

膝眼(しつがん)は、膝を90度曲げたときに

皿の下の外側と内側にふたつのくぼみができます。

ここが外側と内側の膝眼です。

この2つのツボを集中して刺激したり、ツボに灸をすえると膝が軽くなるようです。

変形性膝関節痛の場合、膝や腰になるべく負担をかけないようにすることも重要なこととなります。

太りすぎの方は、負担がかかるので、減量も必要かもしれませんね。

硬いアスファルトの道路の上を長く歩いたり、ジョギングするのも避けるのが良いでしょう。

老化で弱った足腰を、積極的に太ももの前の筋肉を鍛えることも大切でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする