ひざ痛改善のためにダイエットと食事

ひざ痛の方は階段の上り下りが苦痛という方は多いようです。

日頃の軽い運動 も取り入れたいものですが、体重がありすぎると

膝に負担がかかり、逆効果になることもあります。

ひざ痛の方で太りすぎの方は食事を見直して、

ダイエットをされては如何でしょうか。

1日の 食事の摂り方を考えてみましょう。

では、具体的のどのように食事を改したらよいのでしょうか。

ダイエット時には第一に砂糖と脂肪を一緒に摂らないことです。

砂糖を摂るとインシュリンの分泌が活発になり、

体脂肪がどんどん体にたまってしまいます。

脂肪が分解されずに体に蓄積されやすくなるからです。

食後の甘いものはできるだけ控え、ソフトドリンクなども避けましょう。

ダイエット中でも食事はきちんと3食摂るということです。

その割合は朝2、昼3、夕1がベストです。

朝食は1日の食事の中での役割は大切ですね体にエンジンをかけるもので、

もし朝食を抜いてしまうと、なかなか体温が上がらず

血流が悪くなり脳細胞の動きが鈍くなってしまうのです。

ダイエット時には朝ごはんにはたんぱく質を摂るメニューにするのがおすすめです。

お昼ごはんはバランスの良い食事で、 一番エネルギーを摂った方が良いのです。

洋食よりも和食が良いようです、

和定食などのバランスの良い食事がおすすめです。

夕食のメニューは野菜やたんぱく質を中心にして、

脂肪を極力避けたメニューにするようにしましょう。

脂肪は夜眠っている間に最も活発に蓄積されるからです