関節痛改善と睡眠

人間が、一番リラックスできる時間。

それは、睡眠の時間ではないでしょうか?

一日の疲れをお風呂で癒して布団に入った時、

なんともいえぬ心地よさがありますね。

しかし、関節痛で悩んでいる方の多くが不眠を訴えています。

どうしてなのでしょうか?

関節痛の慢性的なものは、夜 寝ているときも痛みがあるといいますから、

睡眠も浅いものなのでしょう。

痛みがあっても、夜ぐらいはゆっくり寝たいものです。

病院から処方される安定剤にたよらなくても寝れるように、

ちょっとした工夫をしてみましょう。

布団はやや硬めのものを選びましょう、

ふかふかの布団は確かに気持ちがいいものです、

しかし、やわらかい布団は、関節痛の敵です。

腰の筋肉が伸びてしまうので、かえって疲れてしまうのです。

ですから、布団は やや硬めのものを選びましょう。

そして寝るときの姿勢ですが、

腰に一番負担がないのはあお向けなんだそうです。

でも、腰が痛い時のあお向けは本当に辛いものですよね。

そんな時は、横向きになりましょう。

横向きは膝の関節痛の方にも良いとされています。

は、寝具売り場だけでなく雑貨屋にも、色々な形の抱き枕が売られていますね。

これを膝の下にいれるだけで、脚のむくみや倦怠感が取れる事があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする