肩こりになりやすい人 偏平足

肩こりと偏平足の関係について

偏平足の人は身体の安定がなく、疲れやすいという弱点があります。

赤ちゃんのころは皆扁平足なのですが、

成長するにしたがって足の裏にアーチ状のくぼみができ土ふまずが形成されます、

土ふまずは身体の安定をさせ、歩くときのバネのような働きをします。

偏平足の人と肩こりの関係ですが、足の疲労、

また腰椎の負担そして腰椎の負担は肩こりの原因となるそうです。

頚椎の負担、背骨のゆがみや筋肉の負担が大きくなって肩こりにも影響するとか。

足と肩コリって関係かるとはしりませんでした。

対策として日常生活において、

できるだけ裸足であるく機会をおおくして、

土ふまずを刺激しましょう。