カプサイシンの特徴とダイエットとデメリット

スポンサーリンク

カプサイシンは、唐辛子に含まれている「アルカロイド」という、辛味成分の1つです。

カプサイシンダイエットの方法は、カプサイシンを多く含んでいる食材や食品を、

毎食、または毎日食べるようにします、

ただ、ダイエットとはただ痩せるというのとはちがいますよね、

食材での効果効能という産物でカプサイシンが

ダイエットにも効果が期待されるというものでしょう、

ダイエットでカプサイシン摂取ということですと「キムチ」でしょうか?

キムチには、たくさんの唐辛子が入っており、ニンニクには、

「アリシン」という成分が含まれており、

糖質をエネルギーへと変えやすくする働きがあります。

さらに、白菜には、豊富に食物繊維を含んでいます。

キムチは、ご飯や麺類など、さまざまな食材と合います

特に、納豆などの大豆食品と組み合わせることで、より大きな効果を期待できます。

カプサイシンを錠剤にして、摂取しやすくした「サプリメント」も売られています。

唐辛子の辛さが苦手な人には、おすすめです。

ただし、カプサイシンダイエットには、問題点もあります。

カプサイシンには、食欲を増進させてしまう作用もあります。

極端に食事の量を減らす必要はありませんが、普段よりも食べてしまっては、

ダイエットの効果はなくなってしまいます。

また、カプサイシンを摂取し過ぎると、ガンの発生を誘発させてしまうと言われています。

健康のためのダイエットはお勧めですが、ただ痩せるためというのはおすすめできませんね。