カキのみそグラタン

スポンサーリンク

カキには、ビタミンAが豊富に含まれ、目や肌のトラブルに効果があるといわれます。
カキ鍋や、フライ、など料理法がありますが、ちょっとかわったグラタンなど如何でしょうか
カキにみそを加えることでカキの生臭さを和らげ、栄養価をアップさせます。

カキは内臓の部分が厚く、ふっくらとしてはりのあるものが新鮮です。
11?4月のまがきは、グリコーゲンをたっぷりと含み、おいしいですね。
皆さんが慣れ親しんでいる、みそには、酵母や乳酸菌など数々の有効成分が含まれ、優れた発酵食品ですね。

みそには、白みそ、赤みそ、淡色みそなどがあります。
おいしいみそは、つやがあり、香りが良いですね。
それぞれのご家庭で慣れ親しんだみそをこのカキのグラタンでもお使いください。

カキのみそグラタン
材料(4人分)
カキ・・・300g
塩、コショウ、酒・・・適宜
長ネギ・・・2本
バター・・・大さじ1と1/2
小麦粉・・・大さじ2
牛乳・・・2カップ
みそ・・・大さじ2
粉チーズ・・・大さじ2
コショウ・・・少々

調理法
1.カキは、ざるに入れて塩水でふり洗いをし、水気をふきとって塩、コショウをします。
フライパンに入れて、酒をふり、弱火で加熱します。
カキがぷっくりとふくれたら火を止めます。
2.長ネギは、3cmのぶつ切りにし、バターで炒め、塩、コショウ、小麦粉をふってさらに炒めます。
3.2に牛乳、みそを加え、煮立ったら火を弱めて1分煮ます。
4.3に1のカキを加えてひと混ぜします。
5.耐熱皿に薄くバター(分量外)を塗り、4を入れ、粉チーズをふります。220℃に熱したオーブンで20分焼きます。
*オーブントースターでもおいしく焼けます。時間を短くし、焦げそうなときはアルミホイルをかぶせてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする