熱中症予防に牛乳

スポンサーリンク

熱中症や夏バテ対策に牛乳と運動が効果的との記事があります。

熱中症の予防対策として、適度な運動のあと、30分以内に、

タンパク質と糖質を含む牛乳を飲むことで、

血液量が増え、汗を出しやすくなったり、また熱開放がしやすくなり、

体温が上がりにくい体になることが最近の研究でわかってきたようです。

食と適度な運動が健康には良いとはわかっていますが、はてさてどのくらいの運動と

何の食材をどれくらいとなると???ってことが多いですよね。

運動の目安ですが、適度。

適度ってどのくらい?って思いませんか?

ちなみに普段運動を全くしない人は速足でのウォーキング、

普段から運動をしている人は軽いジョギング程度だそうですよ。

時間は15分から30分程度、その人の体力の7割り程度が妥当のようです。

運動は一度に行えない人は無理せず分けて運動しても効果があるようです。

あと、牛乳が苦手な方はヨーグルトがおすすめです、

牛乳ですと200ml(コップ1杯)、ヨーグルトですと180gが目安です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする