乳酸菌の効果

スポンサーリンク

私達の体にとって大切な働きをする菌の1つに「乳酸菌」があります。
乳酸菌は糖類や炭水化物を発酵させてたくさんの乳酸を作り出していますが、この乳酸は腸の中の雑菌や有害な菌の働きを抑える働きをしていて体にとって大切な働きをしています。
免疫力を高めたり、アレルギー作用をやわらげたり、
ピロリ菌を攻撃するなど、様々な効果が実証されています。

乳酸菌とは

「乳酸菌」は私達の体にとって大切な働きをします。
「乳酸菌」は、腸の中で生息している細菌の1つで、腸の中には100種類ほどの細菌が生息していおり、その数は100兆個にも及びます。

腸にとって良い働きをしてくれる「善玉菌」の代表とも言える菌が乳酸菌です。
乳酸菌は糖類や炭水化物を発酵させてたくさんの乳酸を作り出し、この乳酸が
腸の中の雑菌や有害な菌の働きを抑える働きをしていて、
乳酸菌は私達の体にとって大切な働きをします、

1.免疫力を高める、
2.アレルギー作用をやわらげる、
3.ピロリ菌を攻撃

以上のような様々な効果が実証されているのです。
また、乳酸菌は私達の体の中で大切な役割を果たしているだけでなく、様々な発酵食品を作り出す為にも欠かすことのできないものです。

また乳酸菌は色々な食品に利用され、

ヨーグルト、チーズ、バターなどありますよ。

日本人にはなじみ深い、お味噌やお漬物なども乳酸菌を利用した代表的な食品です。

バランスの良い食生活が健康の基本と思います。

乳酸菌は漬物や味噌などにも含まれています

漬物や味噌などにも乳酸菌は含まれています。

私たちが通常乳酸菌とよぶのは、ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌のように、

牛乳の発酵食品に生息している菌は「動物性乳酸菌」、

漬物や味噌に含まれる乳酸菌のように野菜や米、

大豆などの発酵食品に生息している菌は「植物性乳酸菌」と呼ばれています。

動物性乳酸菌は乳糖だけを分解して乳酸を作りますが、

植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖、麦芽糖など、色々な糖類を分解して乳酸を作ります。

植物性乳酸菌は、生命力の強く、活き活きとした状態のまま腸の中まで

届くと言われています。

日本人に馴染みの深い「漬物」は植物性乳酸菌を多く含んでいるだけでなく、

野菜を使っているので食物繊維も同時に摂ることができますね。

漬物にすることで野菜が小さくなるので一度にたくさんの量を摂ることができます。

漬物の中でも、古くから親しまれている「ぬか漬け」は、

良質な乳酸菌を含む漬物としてお勧めですよ。

毎日の食卓に少しずつ取り入れてみてください、

腸内環境を考えるなら漬物はお勧めの食品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする