レバー 貧血、肝臓病に有効なレバー

スポンサーリンク

レバーは造血作用のあるビタミン、鉄が豊富で貧血の特効薬ともいわれますね

レバーは欧米や中国では昔から食用としてましたが、日本では最近のことらしいですよ。

レバーは動物の内臓の中で最もやわらかく栄養が豊富に含まれている部位です、これを上手に

食べ健康に近づきましょう。

牛、豚、鶏、栄養的にはあまり違いはありません、ビタミンAがいずれも多く含まれており、

そのビタミンAの効力はにんじんの10倍もあります、

ビタミンAは視覚機能の正常化、粘膜強化、皮膚を丈夫にしたり、

またガンの予防にも効果が期待されます。

ただし、ビタミンAは極端に多く摂ると、体に蓄積され悪い影響を与えますので、

毎日少量か週に1度たっぷりというように効果的に摂りましょう。

みなさんご存知のように、レバーには造血作用のある鉄と葉酸が多く含まれ、赤血球の再生、

形成をするビタミンB12、鉄の吸収を助けるビタミンC、も含まれていますので、

貧血予防に効果を発揮します。

選び方と食べ方としては、鮮度の良いものを、赤みがさして発色がよく弾力がいいもの(白く

濁っているものは古いので避けます)

レバー刺しなど生食が栄養的には効果的ですが、生では規制され

食べられなくなりましたね、加熱したほうが安心と思います。

ちなみにこんにゃくをつかったレバー刺し風商品も開発されましたね。

(牛レバーは特に鮮度のよいものは生食できますが、豚、鶏はよく火を通すようにしましょう)

炒め物、煮物、フライなど、臭みが苦手な方もいらっしゃると思いますので、

フライの衣にパセリを混ぜたりすると食べやすくなります。

レバーをおいしく食べるには血抜きと臭み消しをしっかりやることですね。

血抜きは血の塊をとりよく洗い、流水に15分程つけましょう、

(つけすぎるとビタミン群が流れてしまいます)

レバーの臭みを消すには酒、しょうが汁、醤油、牛乳などにひたしたり、つけたりし、

料理にあわせた臭み消しをしましょう。