血液と健康の仕組み 血球や血漿の役割

スポンサーリンク

血液は血球(細胞部分)と血漿(液体部分)に分けられます。

血球成分を内側にし、血漿部分がそれをとりまくように血管を流れます、

血液の半分以上は血漿で、その中には塩分、栄養素などが溶け込み

体中に運んでいます、

血球には赤血球、白血球、血小板があります。

赤血球は酸素を運び二酸化炭素を回収、

白血球は体内に侵入する細菌やウイルスなどの感染をふせぎます

血小板は血管の傷ついた部分をふさぎ止血をします。

簡単ですが以上のような働きですね、

血液サラサラがなぜ大切かというと、以上のような働きを血液がスムースに重要な役割を

果たすために流れる状態が健康には大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする