ヨーグルトの力 腸内環境を整える

スポンサーリンク

免疫力アップ食材として、ヨーグルトはおなじみとなりましたね。
ヨーグルトのおさらいをしてみましょう、
ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ブルガリア菌、など乳酸菌は善玉菌に代表ですね、
腸内を酸性にして有害菌の繁殖を抑えたり、がんの予防にも役立っているとされています。
ピロリ菌の殺菌作用があるとされるLG21、
アレルギー抑制作用のある、GG菌、
免疫細胞を活性化する、LC1乳酸菌
日々の食生活でぜひ摂っていただきたい食品ですね、
腸内環境を整えることが大切です、
いくら栄養バランスのとれた食事を心がけても
腸内環境が整っていなければ栄養が効率よく摂取されません
そして、体内毒素を排出するためにも腸内環境はとても大切です。
ヨーグルトの乳酸菌はその適任です、
善玉菌をサポートし有害物質の生成を抑え、
発がん物質を体外に排出することもできるようです。
毎日食べたいものですね。

ヨーグルト食べ方

ヨーグルトを「食べるときに、オリゴ糖を含むはちみつ、きなこ、食物繊維を含むドライフルーツを摂りましょう、
ビフィズス菌の大好物なのがオリゴ糖や食物繊維ですので、パワー倍増ですね、
毎日食べて補給するのがベストです、が、無理な場合もありますよね、
最低3日に一回100ml程度食べ続ければ腸内の善玉菌はキープできるとされています。
食べるときは食後がよいですね、一般に胃酸に弱いので空腹時などは胃酸が活発ですので
食後のデザートとして胃酸の働きが鈍ったころが良いですね。

ヨーグルトりんご

ヨーグルトが免疫力アップについて効果的なのは先に述べましたが、
料理法とまではいきませんが、ちょっと工夫アレンジすることで楽しく飽きずに続けられるとおもいます。
簡単にりんごはどうでしょうか、腸内環境を整え、必要な栄養素を吸収しやすくしてくれます。
お腹の調子を整えることは風邪予防、アレルギー予防などの効果も期待できますので、
朝の食卓へ登場させてみてはいかがでしょう。