風邪やインフルエンザで食欲がないときに食べたい食品

スポンサーリンク

風邪は万病の元とかいいいますね、
風邪をひくと、食欲がなくなりますね、鼻水、くしゃみ、発熱と辛いものです。
この鼻水やくしゃみ発熱は一生懸命ウイルスを外へだそうとする症状のようです。
風邪のときは水分補給、ビタミンC、温かい物、そして口当たりのよいものをとりたくなりますね。
野菜スープは如何でしょう、カロチン類やビタミンCをチャージして保温保湿も万全です。
ビタミンCといえば、レモン、イチゴ、キウイと連想すると思いますが、
ブロッコリーキャベツ赤ピーマンの野菜類やいも類にも含まれています。
野菜スープは食べやすく、消化によく、体温を上げて免疫細胞を活性化、
そして発熱で奪われがちな水分を補給してくれます。
さらに、にんじん、かぼちゃなども加えてカロチン類をとれば粘膜の強化にも、
さらににんにく、身体を温める作用のある生姜、
免疫細胞の材料でもあるたんぱく質の豆腐、など、、
毎日の食、楽しく、おいしく、健康に!
風邪でのメントの手伝いもほしいのでしたら、膜の保護強化のビタミンA、ビタミンCなど摂取がよいのではないでしょうか。