免疫力の意味とは

スポンサーリンク

免疫力の意味ってなんでしょう?
ウイルスなどえおを攻撃排除して
病気を免れる働きのことですね、このような働きを免疫力といいます。

免疫力(自然治癒力)がないかぎり、

私たちは誰ひとりとしてこれからも生きていくことは出来ません。

小さい風邪など小さな病であれ、免疫力がなければ自分で治すことなどできないので

医療によって手当を施されようとも、死を免れることはできないでしょうね、

日々の食や生活環境から免疫力アップをはかりたいものです。

抗体のような免疫物質からなる免疫系と言われるものです。

白血球のマクロファージ・リンパ球、

顆粒球などのような免疫細胞や、サイトカイン、ですね、

予防接種などは

抗体などによって、一旦ある病原菌に感染することにより、

その病気に対する抵抗力がつき、かかりにくくすると言うものです。

例としては「はしか」や「水ぼうそう」などが挙げられます。

子供のころはみなさん経験があると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする