乳酸菌で腸内環境を整えて免疫力アップ

スポンサーリンク

乳酸菌にはどのような効果があるのでしょうか。
主な効果としては、以下のものがあります。
・病原菌や腐敗菌の抗菌作用
・便秘、下痢の予防
・食物の消化吸収
・整腸作用
・感染症の予防
・アレルギー体質の改善
・老化防止
・生活習慣病の予防
・免疫能力を高め、がんに対する抵抗力を高める
・ピロリ菌の除去作用

乳酸菌は、さまざまな体に良い影響を与える菌であるため、

乳酸菌を含んだ食品は積極的にとりたいところです。

食品などから摂った乳酸菌の99%以上は胃酸で死んでしまいます。

では、乳酸菌は口から摂取しても意味がないではないかと思えますが、そうでもありません。

胃酸で死んでしまった乳酸菌は腸に住む善玉菌のえさになり、

その結果、腸内の善玉菌が増えるということに。

それに、腸まで届くビフィズス菌、厳密に言えば乳酸菌ではないのですが、

BB536とかサントリーのビフィズス+ミルクオリゴ糖など、

最近では腸まで届く乳酸菌入り食品も出ているので、

ぜひ摂取するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする