椎間板ヘルニアは専門家に相談されることをお勧めします。

「椎間板ヘルニア」 腰痛の中でも激しい痛みを伴う症状の一つです。

椎間板ヘルニアとは、24本の骨を材料に背骨を作っていますが、

骨と骨の間には柔らかい椎間板がありクッションの役割を兼ねています。

この椎間板が、とある拍子で飛び出し神経を圧迫させてしまった場合に激しい痛みを引き起こす、

これが椎間板ヘルニアです。

腰の箇所のヘルニアが多いと言われています(椎間板の飛び出る箇所によって痛む場所も変わります )

椎間板ヘルニアになる原因ですが、老化、姿勢の悪さ、

腰に負担をかけるような無理な動作の積み重ね、などと言われています。

椎間板ヘルニアの特徴としては、腰痛だけではなく、しびれ、腰や背中の懲り、などがあげられますが、

まずは専門家に相談されることをお勧めします。

椎間板ヘルニアになるきっかけ

椎間板ヘルニアは何気ない日常生活のなかで、起こるようです。

たとえば、せきやくしゃみ、顔をあらおうと前かがみになったとき、

風呂場ですべったとき、腰をひねったとき

中腰での草むしりから起き上がろうとしたとき

などなど、実際のきっかけがわからないのが半数をしめるようです。

ギックリ腰のようですよね、ギックリ腰は安静にしておれば10日程でなおるのですが、

このギックリ腰を繰り返すようであれば、椎間板ヘルニアの前兆ともいえるようです。

ヘルニアとは

ヘルニアとはどのような病気であるのか、多くのかたがたは、なんとなくは知っている程度ではないでしょうか。

ヘルニアは、一概に病気とも言いにくいものですが、決して正常とは言えない身体の状態を言います。

本来、体内のあるべき場所に納まらなくてはならない臓器などが、

本来あるべき場所から脱出してしまった状態のことを言います。

内ヘルニア」–体腔内部の裂隙に迷入したもの、

「外ヘルニア」–体腔外部に逸脱したもの

ヘルニアという症状は、特定のどこか一カ所に生じる異常ではなく、あちらこちらで見られるものなのです。

よく耳にする、椎間板ヘルニア、これは椎間板で起こったヘルニアだということがわかりますね。

ヘルニアという症状ですが、これはどなたにも起こり得る症状です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする