椎間板ヘルニアの治療法

腰痛の中でも激しい痛みを伴う症状の一つの椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの治療は、痛みの度合いにより方法が異なります。

椎間板ヘルニアの痛みが軽い場合は、信頼できる整形外科での通院や整体などに行かれるのが良いでしょう。

ブロック注射で痛みがなくなる方もいらっしゃいますが、

再発するかたもいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアの、痛みが激しい場合は、手術をする方もいます。

椎間板ヘルニアの治療ですが最近では、手術も切開しないレーザー法などもあるようです。

椎間板ヘルニアの予防としては、腰に負担をかけにくくすること、まずは正しい姿勢です。

腰に負担がかかりにくい、正しい姿勢をとることが大切です。

普段の生活の中で、腰回りにある腹筋や背筋を鍛えることも大切ですね。

ウォーキングや腹式呼吸などもお勧めです。

椎間板ヘルニアの一般的治療法とは

腰痛治療において、

手術以外では、 牽引治療、コルセット療法、薬物療法が一般的でしょう。

牽引治療とは腰や両足にベルトをかけて

その先におもりをつけて体を引き伸ばしたりする治療法です。

腰はすべての要ですので、無理をせず早めに、

整形外科での通院や整体などに行かれるのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする