腰痛と職業 こんな仕事に多い腰痛

腰痛と職業ですが、デスクワーク、運送業、建設業、などなど様々な職種で腰痛を訴える方がいますが、

職業別では運輸業がトップで次に建設業、やはり腰への負荷が多い仕事がら納得のいくところですね、

また、興味深い報告もありました、月曜日など休日明けが発生件数がおおいそうです。

さらに、午前と午後ですと、午前の発生件数が多いということです。

休日明けの午前は注意したほうが良いことになりますね。

では同じ仕事をしていてどんなことで腰を痛るのかというと、

*不自然は姿勢をとったとき、

これはみなさん思い当たることがあるのではないでしょうか?

*瞬間的に力をいれたとき、これも「エイ」とばかりに力をいれたとき経験ありますね、

次にバランスをうしなったとき、ぶつかったとき、などと続きます。

これらは急性腰痛ですが、慢性腰痛ですと一概には言えない状況ですね。

事務職で力仕事をしなくても、長時間同じ姿勢では腰に負担がかかりますから、

やはり腰痛の原因にはなりますね、姿勢というものが腰痛予防の一つになると思います。

まずは、S字曲線、姿勢を正しく背骨のS字ラインを心掛けたいものです。