腰痛で使う湿布

腰の痛みを取る目的でよくやるのが湿布を貼る方法ですね。

薬局に行くと、さまざまな種類の湿布が売られていますね。

もちろん効き目が高いほうがいいのですが、どんな湿布にしたら良いか迷ってしまいます。

湿布には冷やすタイプと温めるタイプがありますが、

腰痛にはどちらの湿布を貼るといいのでしょうか。

それは、腰の痛みの強さによって変わってきます。

まず、関節の痛みがいつもより強いときは、患部が熱を帯びているので、冷湿布が有効です。

そして、強い痛みが取れて、痛みが慢性的なものになったら温湿布で患部を温めるようにしましょう。

とはいえ、体質によっては向き不向きがありますよね。

特に温湿布は、とうがらし成分が入っているので、ぴりぴりとした刺激があります。

これを気持ち良いという人もいれば、強すぎてかぶれてしまう人もいるのです。

さらには、冬で寒いのに冷やすタイプなんて貼りたくないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時には、経皮吸収型鎮痛消炎剤という冷温の区別がない湿布剤はいかがでしょう?

現在、多くの病院がこのタイプを使っているようですし、持続時間が長いという利点があるのも嬉しいですね。

ただし、長時間貼れても、かぶれてしまっては意味がありません。

湿布と同じ効果のある塗り薬、または座薬などでも痛みを軽減できる方法はあります。

しかし、その場しのぎで湿布をはるのではなく、専門医の診察を受けて適切な処置をしたほうが早いですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする