姿勢を正しくして腰痛改善

姿勢を正しく、胸をはってとか子供の頃よく先生に言われたことも思い出しますが。

姿勢が悪いと腰に負荷がかかるということです、

腰痛を訴えるかたがの原因はいろいろで、加齢による組織の変性、

生まれつきの腰椎の異常、など原因を特定するには困難を極めるようです。

腰への負担を調べるべく、日常生活での様々な姿勢における負荷を測定した結果、

前かがみと直立との負荷の度合いでは前かがみは直立時の1..5倍負担がおおいそうです。

デスクワークでも1.4倍かかるそうです、事務職で力仕事はしてないにもかかわらず腰痛があるのは

このようなことなのですね、職業病と言われる所以がここにもありますね。

以上のように腰痛と姿勢にはこのような関係があるのです。

普段の生活の中では癖のようになっており、逆に姿勢をただすと窮屈と思うほど

前かがみになっているかもしれません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする