腰痛の原因が腰椎の異常か、内臓によるものか前屈と後屈でさぐる

腰痛の原因が様々です、前屈で痛みが強くなると椎間板ヘルニアの疑いがつよくなり

後屈で痛みが強くなると脊柱管狭窄賞症の疑いが強いそうです。

脊柱管狭窄賞症とは腰椎の中で神経の通りみちである脊柱管が加齢により狭くなる病気です。

椎間板ヘルニアは腰椎と腰椎の間のクッションの働きをしている椎間板と呼ばれる軟骨が変形したり

一部が腰椎の外に飛び出したりして神経を圧迫することによって起こるとされています。

一口に腰痛といっても上記の病気は発症のしくみが違うということでしょうね。

ところが腰痛や痺れなど坐骨神経痛を伴うなど症状がよくにているということです。

腰痛-ヘルニアとかすべり症とか脊柱管狭窄症とか、簡単ではないですね、

素人療法は非常の怖いものがありますので、専門医が判断しやすいように、

前屈で痛む、後屈で痛む、など、

どのような場合に痛みが増し、どのような姿勢で楽になるのかを

専門医へ正確に伝えることが腰痛から開放される一歩でしょう。