腰痛と足のしびれ

腰痛と足のしびれの関係ですが、

どこかの神経に異常がるために足のしびれの症状が現れるという事です。

椎間板ヘルニアや上半身の神経の病気が疑われます。

背骨を構成しているうす状の骨を椎体といいます。

24個の骨が弓なりに連なっており、この中の腰の部分にあるのが腰椎です。

腰椎と腰椎との間をつないで、クッションのような役割を果たしているのが椎間板と呼ばれる軟骨です。

椎間板は周辺部分の硬い線維輪と中心部分のゼラチン状の髄核で構成されています。

椎間板は20歳を超える頃から老化し始めると言われており、

弾力性が失われていきます。

そのためちょっとした衝撃で線維輪が破れて髄核が飛び出し、

神経根を圧迫した状態が腰椎椎間板ヘルニアということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする